丹後ちりめん −13−

国練問題(2)


ようやく、大正十四年一月「丹後精練倉庫株式会社」が設立され、社長には峰山町の吉村伊助が就任した。たゞちに精練工場の建設その他の準備にかゝった。
昭和二年三月七日の奥丹後大震災による丹後機業界の打撃は甚大なものがあったが、精練事業としては、網野工場だけで、他の地区は位置問題などのため建設がおくれていたため精練工場の被害は少くてすんだ。
昭和三年六月、各工場(峰山、口大野、網野、加悦、岩滝)の建設を完了し、同年九月一日から「国練りおよび品質検査」を開始した。

前へ 目次 次へ