丹後ちりめん −26−

激変期の岩滝機業(1)


大正八年(一九一九)には第一次世界大戦による好調の波に乗って丹後縮緬の生産量も極度に膨張し、与謝郡における織物の生産額三,四八〇万円の巨額に達し、未曽有の黄金時代を現出したが同九年四月以降、たまたま大戦後の世界経済不況の影響により大打撃を受け一,四五〇万円に激落した。

イ、絹織物の生産分布状況
種目 紋織類  縮緬類 平絹類、絽類、羽織他類
数量 価格 数量 価格 数量 価格
岩滝町 178,193 2,769,814
与謝郡合計 106,429 2,250,940 603,887 11,341,393 42,820 842,780
(与謝郡誌、大正九年)

大正九年の与謝郡における岩滝町は、縮緬類の生産、すなわち、数量、従って価額に於いて第一位を占めている。

前へ 目次 次へ