丹後ちりめん −30−

岩滝町機業の特色(2)


この丹後機業の推移を統計的に分析し、古くから機業の町としての歴史をもつ岩滝機業の特色をみてみよう。
岩滝機業と丹後機業界の比較(昭和四十二年五月丹後織物工業組合調)
その一  事業所並台数調
町名 網野 野田川 大宮 加悦 久美浜 丹後 岩滝 峰山 宮津 弥栄 伊根 その他
事業数 戸 1,309 1,239 938 935 527 463 461 430 397 314 175 150
織機台数 台 8,107 4,553 3,827 3,037 1,081 2,381 2,168 1,931 742 1,845 306 583
一企業当り平均台数 台 5.6 3.6 3.8 3.2 2.0 4.7 4.6 4.2 1.9 5.1 1.7 3.6
右の内四台以下の企業の占める割合 % 67.4 83.6 80.0 87.2 98.9 80.1 66.4 84.1 98.2 76.1 99.4 88.7
事業所数の順に揚げてみると機業地として全く知られていなかった久美浜が第五位にランクされ宮津、伊根が台頭し、老舗の丹後、岩滝、峰山、弥栄が下位にある。しかし一企業当りの平均台数をみると久美浜は十位であり、古くからの機業先進地は何れも上位で網野トップ岩滝は第四位におり、四台以下の小企業体は六六%の岩滝が一番少なく企業規模の面では第一位である。適用事業場では二八・二%で岩滝第一位、二位の網野が二三・九%と下位にある。

前へ 目次 次へ