岩滝の歴史 −233−

民生の安定と社会福祉(10)

−行政面における施策(4)−


昭和28年4月1日 児童福祉法に基く保育所を設置する
園舎建設まで小学校内に施設を置く
名称 岩滝保育所 園児数 百七十名 二年保育
保育所は工費四百六十一万千円で年度末に小学校横に完成。
昭和29年9月1日 弓木地区内の旧伝染病舎を改装、弓木、石田地区の幼児を対象に保育所を設ける
 工費 二百二十八万円
保育所は二ケ所に設けられることになった。

昭和33年3月31日 弓木の保育所を閉鎖、岩滝に統合する
昭和35年4月1日から三歳児をも、保育対象とする
昭和40年4月1日 幼稚園が設置され、五歳児は保育所から幼稚園に入園することになり、三歳児、四歳児を保育することとなる。
(つづく)

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る