岩滝の歴史 −238−

民生の安定と社会福祉(15)

−行政面における施策(9)−


社会福祉協議会と岩滝町青少年問題協議会
昭和25年6月7日、青少年に関係のある団体の代表者、青少年問題に関心をもつ有識者をもって、定期的に或は臨時に会合をもち、各機関が実情を報告し、連絡協議してその結果により各機関が自主的に、また連絡、共同して青少年の健全なる育成を図ることを目的に岩滝町青少年問題対策協議会の名称で発足したが、昭和32年5月17日から岩滝町青少年問題協議会と名称を改め、委員四十五名をもって構成し、岩滝町教育委員会に事務所を置き、目的の推進に努めている。


また、昭和34年には社会福祉協議会が設立され、岩滝町役場住民課や児童民生委員等と緊密な連絡をとりつつ住民福祉、社会福祉の問題と真剣に取り組んでいる。
すなわち、年間を通じて各種の福祉事業を行なっているのである。

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る