岩滝の歴史 −175−

戦後における町村合併(2)

−岩滝町における町村合併問題の出発点−


昭和二十四年一月二十五日の岩滝町議会全員協議会で、当時の嶋田岩滝町長から「過日、文殊において京都新聞社主催で、阿蘇周辺町村長ならびに観光関係者の地方振興協議会が開催された席上、町村合併の問題が出ました。

また、中部町村長会の会議終了後、中部合併の市制運動の問題がありましたが、市制運動については賛成であるが、早急の実現は困難ではないかと述べたが、一応町の意見をまとめるようとの事でありますので、皆さんの御意見を伺いたいと存じます」といった形で問題が提示された。

同年十月十八日の町議会では、町村合併についての特別委員会の設置を総務委員長から要請したのに対し、時期尚早として否決された。

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る