岩滝の歴史 −137−

明治維新後(24)

−岩滝村の戸数・人口(4)−


次に大正五年に書かれた「岩滝村誌」によると、「最近吾岩滝村の総人口は、男一九七三人、女二〇七六人、合計四〇四九人にして、之を面積に比すれば甚だ密にして、○.八五七方里に対して如上の住民を有するを以て、一方里四七二四人六分二厘の割合となる。
本郡各町村の第五位に位し、本郡平均密度二二〇一人に対し、二倍強・・・となり、吾帝国本国のみの一方里の蜜度二一五九人(明治四十一年調)に比すれば又はるかに二倍以上を超越す。而して本村の戸数は七〇三戸なり」とある。
さらにこの中から岩滝の戸数人口に関する部分を抜粋して当時を偲ぶこととする。
岩滝村の人口と密度
岩滝村各部落の人口及密度
字名 一方里密度
弓木 587  617  1204  14.814
岩滝 1005  1057  2062  17.114
男山 381  402  783  5.404
1973  2076  4049  11.680

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る