岩滝の歴史 −147−

明治維新後(34)

−町制実施当時の岩滝町予算−


大正10年岩滝町歳入歳出一覧表

歳入

経常   45,438円86銭 臨時   5,202円56銭

歳出

経常 役場費 9,816円63銭 臨時 土木費 1,800円00銭
会議費 301円00銭 積立金 50円00銭
土木費 554円49銭 小学校営繕費 6,320円00銭
 道路橋梁費 475円49銭 補助費 800円00銭
 治水防費 10円00銭 勧業補助  
 測量費 50円00銭  村農会 270円00銭
 港湾費 20円00銭  蚕業組合 180円00銭
小学校費 18,169円39銭  機業組合 200円00銭
実業補習学校費 1,020円90銭  在郷軍人分会 150円00銭
伝染病予防費 70円15銭 公設電話補助 200円00銭
隔離病舎費 74円91銭 公債費 2,048円80銭
勧業費 63円82銭 財産費 2,809円03銭
 害虫駆除費 3円00銭    
 森林費 60円82銭
救助費 2円00銭
警備費 502円40銭
基本財産達成費 1,327円77銭
財産費 196円60銭
諸税及負担 7,779円77銭
神社費 90円00銭
雑支出 1,850銭90銭
予備費 850円96銭
  41,671円42銭   8,970円00銭

集計金額が違っていますが、参考文献通りに掲載いたしました。

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る