岩滝の歴史 −118−

明治維新後(5)

−幕末ごろの村の行政と生活〜其の参−


組税ノ沿革
正租徴集方法
一、高壱千壱百六拾壱石五斗八升弐合  与謝郡岩滝村
此訳
六百四拾六石九斗四升

参石参斗七升四合  前々溝代堤敷引
残六百四拾参石五斗六升六合
此訳
六百参拾八石弐斗四升四合
此取米弐百八拾八石六斗七升八合  四ツ五分弐厘参毛
五石参斗弐升弐号  天保十四卯仝十五表起返リ
堤外田
此取米五斗参升弐合  壱ツ
五百壱拾四石六斗四升弐合

六石弐斗参升八合 明和六丑堤敷引
残五百八石四斗四合
此訳
五百六石弐斗九升五合
此取米壱百七拾八石参斗六升八合 参ツ五分弐厘参毛
弐石壱斗九合 天保十五辰弘化三午起返
堤外田
此取米弐斗壱升壱号 壱ツ
一、高弐石参斗五合 仝所新田
此取米壱石八升参号 四ツ七分
一、高八石六升 仝所新田改出
此取米弐石七斗参升弐合 参ツ参分九厘
一、高壱拾石四斗四升 仝所新田改出

七升弐合 明和六丑堤敷引
残壱拾石参斗六升八合
此取米参石五斗壱升五合 参ツ参分九厘
一、高壱石壱斗六升弐合 仝所新田改出
此取米参斗九升四合 参ツ参分九厘
米合四百八拾七石七斗七升五合

一、田壱反五歩五分 右堤跡見取

八畝(うね)壱拾七歩五分 外田堤敷併付添引
残壱畝壱拾八歩 辰ヨリ上納
此取米壱斗九合 反ニ壱斗弐升取リ
一、畑弐反壱畝壱拾四歩 文化元子仝六丑改
見取場
此取米弐斗参升六合 反ニ壱斗壱升取リ
一、田壱反八畝歩 天保六未改
見取場
此取米弐斗壱升六合 反ニ壱斗弐升取リ
一、畑七畝歩 見取場
此取米七升七合 反ニ壱斗壱升取リ
一、新発畑七畝弐拾八歩 右仝断
見取場
此取米八升七号 反ニ壱斗壱升取リ
一、米四石 山手薪運上
一、米壱拾参石九斗参升九合 夫米
一、米壱拾匁 稲木運上
一、銀壱百参拾四匁六厘八毛 糖蒿(よもぎ)運上
納合 米五百七石参斗四合
   銀壱百四拾四匁六厘八毛
右之通当子御成箇相極間村中大小ノ百姓併出作ノ者迄不残立会無高下到割符極月十日以前急度可皆済者也
元治元子年十一月
河原 甚之亟
指田   貢
松本  丹平(出府)
増戸藤次兵衛
伊従  勝馬
河瀬  外衛
関  蔵之亟(出府)
藤田団右衛門
山本  嘉内
関   左門
有本 助太夫
  ○○○○
森  左兵衛
有本 吉太夫
沼野 半太夫
岩滝村 庄屋
 仝 惣百姓

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る