岩滝の教育 16
岩滝小学校(6)


大正4年11月10日、大正天皇即位の大典を挙げられる日であった。
当日弘道尋常高等小学校も午後2時、職員、児童、参列者講堂に集り、荘重な儀式を挙行した。職員、児童には大典記念章を与え、式後校庭に職員、児童で記念樹(公孫樹)(いちょう)を植え、当時在学中の児童成績品(書方、図画)で大典記念帳を作成して永久に保存することとした。
大正5年12月1日、岩滝村立実業補習学校創立し、これを本校に附設した。
大正11年6月5日、児童の増加と運動競技の興隆に伴い、前面の田地を買収、これを埋立てて運動場とした。(面積3千坪)(9,900平方メートル)
大正12年4月1日、校名を岩滝尋常高等小学校と改称した。
同年9月1日、体操場を改造して手工教室とし、講堂兼雨天体操場及び理科教室を新築した。
大正12年11月15日、岩滝少年赤十字団を小学校に創設した。
大正15年7月1日、岩滝町立青年訓練所を本校に創設した。


前へ 目次 次へ