岩滝の教育 69
社会教育(37)
岩滝町体育協会 ー2ー


昭和16年5月21日には町民映画の夕(於国民学校講堂)、11月3日には町民運動会(弓木優勝)というように毎年新しい企画、計画のもとに行事を実施してきたが、太平洋戦争愈々激しさを加えてきたので、昭和18年10月24日、回覧板で町長、翼壮、体協共同声明を発表し、町民運動会を中止した。
昭和21年会則が変更されて、以来自由に、又なごやかに行事が運営実施されるようになった。
体育協会の業績の一つに町民大運動会が挙げられる。これは昭和6年10月1日小学校々庭で初めて行われ、婦人会、処女会等のバザーもくりひろげられ、盛会裡に終った。
その後この町民大運動会は町の主催することとなり、岩滝町民7000人が相会して1日を体育に終始する体育祭となった。昭和43年第28回を迎えた。
京都府下の一つの名物となっている。
体育協会も体育部門別による諸団体が新しく生れて来たので、この進運に沿って、昭和34年会則を大改正して、岩滝町体育諸団体をもって組織することとし、之等諸団体の会長を理事とし、他に1名の幹事を推薦して従来の町内選出の幹事とともに運営に当ることとなった。


前へ 目次 次へ