当社の生地を使って、白無垢をイメージしたドレスを製作されましたので紹介します。


白無垢をイメージしたドレス

製作者:京都府立峰山高等学校 家政科3年 井隼 奈美さん

製作ポイント
○シルエットの美しさをだすためのプリンセスライン
○肩をパフスリーブ
○全体のバランスをとるためウエストからすそにかけてを大きく広げた
○Vネックの襟をすこし曲線にし、花嫁の柔らかさを
○首周りとすそに綿をつめることで白無垢のイメージを強調
○角隠しをイメージした帽子は、キャプリーヌ型(広く平らなブリムの帽子)
○深くかぶれるようにサイドクラウンを大きく
○重みのある角隠しとして、リボンでアクセント


製作にあたって、いろいろ研究をされ、ただ単にドレスの製作だけでなく、白無垢に込められた意味や歴史を勉強され、充実したものであったのではと思います。今後もいろいろな分野の勉強研究をされて、ご活躍されることをお祈りします。

(Webmaster mao)

戻る