岩滝の産業 15
ー 農 業 ー
自作農と小作農(2)


大正9年頃与謝郡の、全農家の22.5%が他人の耕地を小作して衣食する小作農家で、自作兼小作農家は、31%を占め、自家所有地を占拠して自由に之を耕作し、毅然として独立の生活を樹立する純然たる自作農家は辛うじて46.6%を満たすに過ぎず、以て本郡農村の生活状態が尚甚だ安定を欠いていることが推察できる。(与謝郡誌)
岩滝町が与謝郡の合計に比し、自作農家が割合少なく(28.4%)自作兼小作農家の比率の高いのは、ここでも、岩滝町の特性が現れているといえるのではなかろうか。
自作農と小作農 第6表−1
  自作農家 小作農家 自作兼
小作農家
岩滝町
(大正9年
与謝郡誌)
93
(28.4%)
77
(23.5%)
158
(48.1%)
328
(100%)
与謝郡合計 3,007
(46.6%)
1,452
(22.5%)
1,990
(31%)
6,449
(100%)

前へ 目次 次へ