岩滝の産業 53
ー 農 業 ー
畜産(2)


ロ、一時、農家の副業として「養豚養鶏熱」が高まり、これに熱心な農家が現われたが、その後、飼料の高騰に比し、販売価格が引合わず、2、3百羽の養鶏、2、3頭の養豚では採算がとれず、せいぜい自家消費用の鶏卵、鶏肉をとるために鶏を飼う程度となり、今では畜産に熱心だった農家が、機業を兼業する農家になった。 (1)農産物生産、販売額 (立命館大学「人文科学研究所紀要」)
第31表 
  総生産額 販売額 備考
畜産 3,397千円 2,543千円 主として牛乳、犢、肥育
牛、豚、鶏卵を販売
  (昭34、農山漁村振興基本計画書)

(2)飼育家畜一覧表 (立命館大学人文科学研究所紀要)
第32表
  和牛 乳牛 山羊
飼養家畜 39頭 7頭 17頭 1,650羽

前へ 目次 次へ