岩滝の産業 64
ー 林 業 ー
岩滝町の林業(3)


統合に際しては、町と各区との間に契約書がつくられている。その要点を抜萃すると、
第1項 公課金は岩滝町費から支弁する。
第2項 統一前の施設による収益と町又は第三者が特殊工事を行わない自然収益は各区の収入となる。
第3項 町又は第三者が植林や其の他の施設をするときは、町長と当該区長との協定により収益の按分方法を定めるが、区の単独施設の場合には町長の許可を要せず、収益は区の収入とする。
第4・5項 財産を処分する場合には、町長の招集する区長会の決定(満場一致)によるが、その決定は当該区の総会の決議を必要とする。
区有林野の一部が各区から拠出されて町有林が形成され、町又は第三者による開発が行われることになったが、地方では各区の利用権も認められている。           

前へ 目次 次へ