岩滝の歴史 −212−

消防(1)

−消防の歴史−


明治17年(1884)、各町村において消防規則を設け、其の施行を出願するものが続出した。しかし、其の準備がなくても取捨に苦しんだ。そこで、消防心得を改訂し、明治20年の改正を経て23年に至り、町村条例で、消防組に関する規定を設けるものが続出した。

ついで、27年(1894)、勅令第十五号消防組規則発布後、同年8月府令第四十二号を以って、郡部消防組人員、器具配置を定め、同四十三号を以って給与金額及同支給条例が公布された。

それ以来、公設消防組が各町村に普及するようになった。

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る