岩滝の神社寺院 14
神社(14)
境神社(2)


当社の文献に見えるものは丹哥府志岩滝村附録の分に「境荒神」、地方秘鑑「栄荒神、東西三間、南北二間」、御領分神社名前取調帳「栄荒神東西三間、南北二間」と見え、字岩滝区所蔵文書、明治2年2月荒神号、権現号廃止の太政官達、実施の際の神社改称祈願控本には、
奉願口上書
一.水無月大明神 祭神 瀬織津比盗_、速開津盗_、伊吹主神、速佐須良比盗_
水無月明神ト奉改号致候(かいごういたしたてまつり候)
一.稲荷大明神 祭神 保食神
稲荷大明神ト奉改号致候
一.愛宕大権現 祭神 軻遇突知命、天熊人命、伊弉冊尊
愛宕大神ト奉改号致候
一.白山大権現 祭神 伊弉冊命 兼理姫命
白山大神ト奉改号致候
一.日内大明神 祭神 相知不申候(あい知り申さず候)
日内明神ト奉改号致候 
一.秋葉大権現 祭神 相知不申候
秋葉社ト奉改号致候
一.三宝大荒神 祭神 澳津彦命 澳津姫命
野田神社ト奉改号致候
一.栄大荒神 祭神 相知不申候
酒井明神ト奉改号致候
一.天満宮
〆九社
 右者今般旧幣御一新之儀被仰出候(仰せ出され候)ニ付改号仕度奉伺上候(つかまつり度うかゞい奉り上候)
此段御許容被成下置候様奉願上候以上
 明治2●年2月 岩滝村 岩本典膳
寺祠御役所
と見えている。他の神社の分も便宜上茲に掲出した。


前へ 目次 次へ