岩滝の神社寺院 15
神社(15)
境神社(3)


 社名を境といい、栄といい、また酒井とも見えるが、(「岩滝村誌」には堺神社と堺の字が使われている。)結局境というのが妥当であろう。それは石神系の基神崇拝の盛んな当時、恰かも此処が野田川の川尻附近で山を越して浸入せんとする悪魔悪病を嶺頂に阻塞し(石坂の白山妙理権現と称するものの前身之に該当する)  更に村内の悪鬼神を送り出して祭壇を設け、注連を張り、回顧を阻塞し、いわゆる地主荒神思想の発露に成れる川裾の地境の祭壇であったものを後世神社化したものと見て大過ないであろう。


前へ 目次 次へ