岩滝の神社寺院 24
神社(24)
木積神社(5)


3、「特選神名牒」(教部省)
木積神社、 祭神 五十猛命
祭日 9月11日 社格 村社
所在 今按豊岡県取調記に弓木村とし、神社覈録府中男山村と見え道志流に岩ケ鼻村とし、石田村山王社と云うは誤りなるべしと云ひて流説一定せず。

4、「大日本神祗史」(徳川候爵家)
木積神社
今在弓木村宮谷 伝言祀五十猛神 配大物主神(土人説)

5、「日本地理資料」(邨岡良弼編)
木積神社 在弓木村宮谷祀五十猛神
6、「与謝郡誌」(大正12年与謝郡役所刊)
木積神社
 岩滝町字弓木小字石田宮ケ谷鎮座、指定村社、祭神五十猛命、大物主命、由緒不詳、丹歌府志には延喜式内阿知神社を当社と比定し式内木積神社を中郡五十河村久住に掲ぐ、蓋し当社もと山王権現と云い、大和国三輪より勧請し、三輪神社とも云う。
 宮津藩寺社名前御取調帳に弓木三輪社島谷佐渡の条見ゆ。式内木積神社を久住に比定さるは丹後旧事記、丹後一覧集、丹後細見録皆然り、この外丹後国式社証実考には「明石村、岩ケ鼻村、中郡丹住村同郡主基村ナドノ説区々ナレドモ何レノ村モ何ノ由緒モ見当ラズ云々」とあり、是非未だ断ずべからず、社殿、舞殿、神輿蔵、社務所等備はり、境内未社稲荷、猿田彦、速玉緒社あり、氏子230戸。明治6年2月村社に列せられ、大正9年2月3日神饌幣帛料供進指定。祭神5月1日。


前へ 目次 次へ