岩滝の神社寺院 34
寺院(4)
玉田寺(4)


 文化財
仏像
 華厳釈迦如来像 一体(伝定朝作)
(背面の書)如来元禄4年(1691)奉再興也第三度。住持祖柱謹拝云。奉加者。
 男山村、岩滝村、弓木村檀那中也。
 文珠菩薩像 一体
 普賢菩薩像 一体
 地蔵菩薩像 一体
 弁財天女像 一体
 薬師如来像 一体(300年前の帳簿にあり可成古し)
 韋駄天像 一体
 四大天王像 一体
 不動尊像 一体
 達磨大師像 一体
 
石造
 板碑(形式よりして鎌倉末期)
 法篋印塔(貞治2年(1363)の銘あり)
 春日灯籠(鎌倉時代作、銘幾代「春日神社、東本願寺。糸六家を経て玉田寺へ)
絵画
本堂の襖絵は明治画檀の明星、岸竹堂翁(1897・74才寂)の筆で有名である。
このほか、額軸等合わせて翁の作品は56点もあり、但馬の応拳寺に対し丹後の竹堂寺の異名がある。
尚、外に黄檗木庵の十六羅漢軸物18点がある。
 
 

玉田寺襖絵


前へ 目次 次へ