岩滝の歴史 −201−

岩滝町の天災地変(12)

−地震(4)−


小学校は本館、体育館を残し全部倒潰したが授業時間外であったため児童は難をまぬがれることができた。激震直後倒伏家屋より出火、被災地一帯は各所に火災が発生したが消防団員の必死の消火活動により大惨事を未然に防止し得たことは倖であり、住民の消防団に対する信頼の念は当時壮大なものがあった。
鳥居、灯籠、記念碑、墓の類はすべて倒伏した。


倒伏した小学校校舎


丹後大震災直後の墓地

参考文献 岩滝町誌 昭和45年1月


戻る