1. HOME
  2. ブログ
  3. 三井ガーデンホテル京都駅前のコンセプトルーム「丹後ちりめん」の間、障子・ベッドスロー・クッション・テーブルクロスとして採用されました。

三井ガーデンホテル京都駅前のコンセプトルーム「丹後ちりめん」の間、障子・ベッドスロー・クッション・テーブルクロスとして採用されました。

三井ガーデンホテルは、京都市内で4施設目となる「三井ガーデンホテル京都駅前」(所在:京都市下京区東塩小路町848番)を 2019年8月29日に開業。
この施設は京都駅まで約3分という好立地を誇り、インバウンド対応と国内のファミリー層・女子旅を楽しまれる方々に向けての施設となります。

一色テキスタイルの製品は、その中の一室「丹後ちりめんの間」の内装材として採用されました。
着物にも用いられる、伝統と格式ある素材の上品な質感が、部屋の空間を艶やかに演出します。
このコラボレーションは、2020年に誕生から300年目の節目を迎える、”丹後ちりめん”の普及と地域振興を進めるPR事業「売れる商品づくりプロジェクト」の一環として実現しました。

一色テキスタイルのちりめん生地は、女性らしさや可愛らしさを表現しつつ、ホテル建材に求められる不燃性・難燃性という及第点をクリア。客室内装としての優雅さやエレガントさを、ちりめんの持つ独特の風合いで表現することに成功ています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事