1. HOME
  2. ブログ
  3. マスクOEMや製造を承る一色テキスタイルが、抗ウイルス性のある生地についてお話いたします。

マスクOEMや製造を承る一色テキスタイルが、抗ウイルス性のある生地についてお話いたします。

インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスなどの予防のために、マスクを着用することが日常となった感がある今日この頃。
マスクを着用する時、普通の不織布マスクよりも、清潔さを保つための加工や抗ウイルス加工の施されたマスクのほうが、安心感があることは言うまでもないでしょう。
今回はマスクのOEM製造を手掛ける当社の視点で、マスクの抗ウイルス生地についてお話していきたいと思います。

抗ウイルス生地とは

抗ウイルス生地は繊維そのものに抗ウイルス成分を練り込むことで、繊維に付着したウイルスを不活性化し、ウイルスの数を減少させるのに役立ちます。

そのため抗ウイルス生地は、主に医療や食品製造現場のユニフォーム、寝具などに活用されています。

そして新型コロナウイルスの流行をきっかけに、これまで以上に研究機関や大学などが抗ウイルス加工技術を研究・開発しているため、一般消費者が手にするアイテムにも抗ウイルス加工が施された製品が増えてきました。

マスクにおける抗ウイルス生地の利用

マスクのOEMを手がける当社でも、抗ウイルス生地を使用したマスクの製造を行っております。

新型コロナウイルスの流行に伴い、飛沫感染への予防効果が高い不織布マスクが品切れになったり、価格が高騰したりしたこともあり、現在では布マスクを着用している人も増えてきました。

しかし「抗菌や抗ウイルス加工のされていない布マスクで、感染リスクを下げられるのか」という点が疑問視されるようになりました。

布マスクだとしても、抗ウイルス素材を使用したマスクであれば、ウイルスが体内に侵入するのを防ぎ、感染リスクの低減が期待できます。

抗ウイルス生地のマスクを使用する時の注意点

抗ウイルス生地のマスクを使用する時の注意点として、最も避けるべきは着用して汚れたまま放置することです。抗ウイルス加工と言っても、ウイルス以外に体に悪影響のある細菌が付着することもあるため、一度使用した後は必ず洗濯して繊維に付着したものを洗い流すことが大切です。

また抗ウイルス加工にもいくつか種類があり、新型コロナウイルスにも対応している加工かどうかを確かめることも忘れないようにしましょう。

一色テキスタイルでは抗ウイルス加工を施した日本製マスクの製造も

当社では、抗菌・制菌・抗ウイルス加工を施した日本製マスクのOEM製造を承っております。

抗ウイルス加工に関しては検査をすることはできないものの、抗ウイルス加工自体が可能な純国産の生産体制を完備しており、小ロットからの受注にも柔軟に対応しております。

抗ウイルス加工によって安全性を高めた、高品質なマスクの製造をお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連記事